シロアリ、害獣、害鳥などからマイホームを徹底Guard

Man

害鳥という第二の認識

人とハトとの関係について

exterminator

ハトと言うものは元来、「神聖な生き物」として崇められ、特に海外においてはその傾向は強いと言えます。日本においても「神の使い」として信仰されている地域もあるように、神に準ずる存在として取り扱われることもあります。その証拠に神社の境内には多くのハトが往来している様子をみることがあります。また時代が下ると人間の良きパートナーとして「伝書バト」や「レースバト」として存在してきました。しかし近年ではハトは撃退の対象となる「害鳥」の筆頭として名を馳せるに至っています。その原因は独特な鳴き声と糞害にあります。このような害を被ることがないように、ハトの習性を十二分に理解した専門家に撃退を依頼する事が世の主流となりつつあります。

撃退専門業者について

特に近年ではサルやイノシシなどが住む場所やエサに困窮して山里へ下りてくる、あるいは町へ下りてくるという事が報道などにも取り立たされていますが、ハトにも同じことが言う事が出来、人間の生活に影響されている部分は大きいと思われます。そうした家に巣くったハトを追い出し撃退することを生業としている業者も比例的に増えています。今やインターネット時代とも言われ、多くの情報はここから得ることができます。複数社選定したら、作業の平均的な相場の価格を知るために相見積もりを取得し、その後業者を選定することが肝要です。具体的な撃退法として「音による威嚇」「嫌気剤の散布や塗布」「防護バリア」などがありますので、家族に危険が及ばない方法を採択したいところです。

Copyright © 2015 シロアリ、害獣、害鳥などからマイホームを徹底Guard All Rights Reserved.